ダポキセチン配合の薬、ロメント60mg

ポゼットの主成分であるダポキセチンは元々抗うつ薬の開発時に偶然勃起作用があることが見つけられ、本格的に早漏治療薬として開発が進められました。そんなポゼットを紹介していきます。

女性によっては性器の力が強すぎる、ポゼットで対策

ポゼットは早漏の克服に重宝するプリリジーから分岐した後発医薬品になります。
後発医薬品ですので、新薬と同じ主成分が配合されています。プリリジーの模造品や劣化版ではありませんので、安心して利用を検討する事が可能です。
主成分がプリリジーとポゼットは同等ですから、体内に入った時の働きもほぼ同一になります。
若干ポゼットの方が効果が生じるまでに時間が掛かる、錠剤によって発現のしやすさにムラがある等、後発医薬品特有の特徴は見られるものの、プリリジーとまるで同じ飲み方が出来る上、薬価は恐ろしくお得です。

プリリジーを毎回購入しても平気な懐具合の男性であれば、新薬の方が良いかもしれません。
しかし、庶民のサラリーマンのお小遣い事情を考えればコストパフォーマンスに長けたポゼットの方が何かとお得です。
ダポキセチンは吸収効率が良く、またお薬が体内に長期間残留しません。要するに効き目は短時間で生じ、セックスした後は速やかにお薬の影響が抜けます。セックスまでに、確かな持続力を得られ、なおかつセックス後は直ちにお薬が抜けるため、後遺症や副作用に苦しむ事はありません。

生々しい表現になりますが、元々女性の性器は男性のペニスを締め付ける構造になっています。
特に性体験が少ない女性は膣のサイズが小さく、ペニスを非常に力強く締め付けます。
また体質として非常に締め付ける力と圧力が強い女性も多く、そういった女性の性器にペニスを挿入すれば、元々それほど早漏体質ではない男性も、膣のプレッシャーに負けてしまい、ほんの数分であっけなくフィニッシュしてしまいます。
女性器の締まりが良い事は、素晴らしい事ですが、男性としてはちょっと辛い面もありますので、
ガールフレンドや妻の性器がキツキツだと感じる方は、早漏対策としてポゼットを活用しましょう。